こんな相続対策していませんか?

相続対策と聞いて、どんなことを想像されるでしょうか?

初めてお会いするお客様と話をすると様々な相続対策をすでにやられている方も中にはいらっしゃいます。

「うちは生前贈与やっているよ」とか「賃貸のアパート建てたよ」とか・・

 

 

でも、ちょっと待ってください!

 

 

相続対策の順番を間違えると対策どころか、やらなかったほうがまだ良かったという事態にもなりかねません。

 

結論として、守っていただきたい順番は

1、資産の現状把握・・どのような種類の資産が、どれだけあるのか

2、納税資金の確保・・相続税を納税できるだけの現金があるのか

3、遺産分割の方法検討・・誰に、どの種類の資産を、どれだけ、分けるのか

4、相続対策・・生前贈与や現金から保険、不動産への資産の組み換え

 

相続対策は一番最後です。

 

最近は、相続に関する情報もあふれていますから、いきなり、4番目から手を付けてしまう方が少なくありません。

 

 

そうするとこんな事態になってしまうかもしれません・・

 

 

ある家族の例を見てみましょう。

 

家族構成

長男

長女(母と同居)

(父はすでに他界)

母の資産内容:自宅の土地建物:8,000万円 現金8,000万円

 

父親が亡くなってしまったことをきっかけに、母親は自分の相続について考えるようになりました。

自分が亡くなってしまったら、子供たちが相続税で困るのではないか?

そこで、「生前贈与」を行って、自分から子供へ現金を平等に同じ額だけ少しづつ渡していくことに決めました。

子供は、現金を生前贈与してもらえることに何の反対もありませんでした。

 

 

 

それから年月は過ぎ母親の相続が発生しました。

 

 

その時点で、すでに2,000万円づつ、合計4,000万円が長男と長女へ生前贈与されていましたので・・

 

母→長男 2,000万円

母→長女 2,000万円

 

母親の財産としては、

自宅の土地建物:8,000万円

現金:4,000万円

が残されていました。

 

 

 

・・そして長男と長女の話し合いが始まりました。

 

 

長女:

私はお母さんの面倒も見てきたし、近くにお友達も多いから自宅を相続したいわ。

お母さんと同居していた私が自宅を相続したほうが、相続税も安くなるって聞いたし。(小規模宅地の特例についてはこちらをご覧ください。

兄さんは現金4,000万円を相続してくれれば良いと思うわ

 

長男:

何を言っているんだ。

そんなことをしたら、お前が生前贈与した分と合わせて1億円分を相続し、

私が、6,000万円を相続することになり不公平じゃないか!おかしい!

自宅を売り現金に換えて、6,000万円づつ分ければ、生前贈与の分と合わせて、8,000万円づつ分けることになって平等だ!

 

 

このようにして相続が争族になってしまいました。

 

 

長女の案で分けるとこのようになります。

長男:

生前贈与2,000万円 + 相続 現金4,000万円 = 6,000万円

長女:

生前贈与2,000万円 + 相続 自宅8,000万円 =  1億円

 

 

長男の案で分けるとこのようになります。

長男:

生前贈与2,000万円 + 相続 現金6,000万円 = 8,000万円

長女:

生前贈与2,000万円 + 相続 現金6,000万円 = 8,000万円

(自宅を売って8,000円の現金に換える前提)

 

 

確かに、金額の上では長男の案が平等ですが、長女の思いも分かる気がします。

 

難しい問題ですね。

 

母親が子供の相続を心配したがため、良かれと思って行った生前贈与が思わぬ家族の争いに繋がってしましました。

とても悲しいことです。

 

このような問題を避けることはできなかったのでしょうか?

 

 

 

できます!

 

 

 

もし、母親の生前に,遺産分割の方法を検討したうえで、現金は長男が相続し、

自宅は長女が相続できるようにこんな話し合いがされていたら・・

 

母親:

自宅は長女が相続したほうが、相続税の負担が軽くなるみたいだから、長女が相続でいいわね。

そのかわり、長男には現金を相続させるわね。

 

長男:

実家に戻るつもりはないから、その通りでいいよ。

 

長女:

実家は住み慣れているし、離れたくないからうれしいわ。

 

母親:

二人が納得してくれるなら、相続税の負担を少しでも軽くするために、長男に現金を生前贈与していくわね。

 

長男:

わかったよ。

 

長女:

自宅をもらえるなら、その通りでいいわ。

 

 

こうして、争族は避けられ、みんなが納得、安心できる相続を行うことが出来ました。

 

 

結論にもどりますが、必ず守って頂きたい順番は以下の通りです。

1、資産の現状把握

2、納税資金の確保

3、遺産分割の方法検討

4、相続対策

 

 

現状の把握なしに、相続対策はありえません。

いきなり相続対策から始めてはいけません。

 

現金などの分けやすい金融資産は、平等に分けるための微調整の役目を果たすことができます。

なんとなくの相続対策で、生前贈与で現金を分けてしまったり、不動産に換えてしまったりしてしまうといざ相続が起こった場合に、分割の微調整がきかなくなったり、納税資金が足りなくなったりする場合もあります。

 

どの家族にも当てはまる万能な相続対策はありません。

相続対策には資産の状況、家族の感情に合ったオーダーメイドの対策を考えることが必要です。

必要に応じて税理士、弁護士、不動産鑑定士などの専門家チームで解決策をご提案します。

相続人の人数、資産の規模、資産の種類、必要日数、専門家の必要性などで料金は異なりますので、個別に事前見積もりを提出させて頂きます。ご納得の上、ご依頼ください。

解決策をご提案できなかった場合、料金はいっさい頂きません。

 

お気軽にお問い合わせください。080-9117-5353受付時間 9:30-18:30 [ 水曜除く ]

メールはこちら お気軽にお問い合わせください。

初回60分無料相談(予約制)

・お金の貯め方、増やし方など資産運用について
・将来受け取れる年金だけで生活は大丈夫なのか?
・どんな保険に入れば良いのか知りたい
・不動産の購入、売却、有効活用について
・相続、贈与について

等々、何でも相談可能です。
まずは初回の無料相談でご相談ください。