漠然とした不安は、見えないことから引き起こされます。

お金の不安、問題解決のためにはまず、現状の状態を「見えるようにする」ことから始まります。

現状の状態が分かれば、改善するべき点に的を絞って改善することができます。

ライフプラン表は人生に関わるお金の旅路で必要な地図のような存在です。

どれだけの住宅ローンを組んでも大丈夫なの?

住宅ローンを返済しながら自分のやりたいこと、夢の実現ができるの?

どれだけの保障金額の保険に入ればいいの?

老後にどれだけの年金がもらえて、どれだけのお金があればいいの?

教育費はちゃんと準備できるの?

どれだけのお金を資産運用にまわすことができるの?

すべては現状の把握から始まります。

相談者の方の中には

「なんとなく不安だから保険屋さんの言うままに・・」

「銀行担当者の方の言うままに資産運用を始めたけど・・」

という方も少なくありません。

住宅ローンの金額の根拠は?

保険の保障額の根拠は? 

資産運用を行う金額の根拠は?

なぜこの商品なのか?

これらをしっかり検討されたことはあるでしょうか。

 

当事務所は金融商品を販売しない独立FPです。

金融送品を売る側、買うお客様側の2つの立場がありますが

中立の立場でもなく、完全にお客様側に立ってこれらの検討を行います。

 

ライフプラン表の作成で分かること

・キャッシュフロー表で生涯にわたっての収入と支出の状態が分かります。

家計の改善点が目に見えて分かります。

公的年金の金額と不足があるかどうか分かります。

・万が一の場合、遺族の生活費を補うためにどれだけの保険に加入すれば良いのか分かります。

住宅ローンが家計にどのような影響を及ぼすか分かります。

教育費として、いつ、どれだけのお金が必要なのか分かります。

 

50~60ページのカラー資料(ページ数は相談内容によって変わります)

価格 35,000円(90分の面談コンサルティングを含みます。)

 

以下は資料の一部です

 

生涯キャッシュフロー表

・生涯にわたる、1年ごとの収入と収支の内訳が分かります。

・いくらの貯蓄ができるのか、また、貯蓄が足りなくなる場合も具体的な額が分かります。

キャッシュフロー表

 

公的年金・遺族年金

・年金がいつ、いくらぐらいもらえるのか分かります。

遺族年金

 

年間収支、金融資産残高の推移

・年間の収支がプラスなのかマイナスなのかグラフで視覚的に分かります。

・金融資産が底を着く状態にならないか、どのくらいの貯蓄ができるのかグラフで視覚的に分かります。

年間収支、資産残高のグラフ

矢印

赤字の原因を見つけ、改善を行えば貯蓄も順調に増やせます。

年間収支、資産残高改善

 

必要保証額のグラフ

・家計をささえる人に万が一のことがあった場合に備えて、いくらの保険を掛ければ良いのか分かります。

必要保障額のグラフ

 

教育費のグラフ

・いつ、どのくらいの教育費が必要になるのか視覚的に分かります。

教育費のグラフ

お気軽にお問い合わせください。070-4170-7328受付時間 9:30-18:30 [ 水曜除く ]

メールはこちら お気軽にお問い合わせください。

初回60分無料相談(予約制)

・お金の貯め方、増やし方など資産運用について
・将来受け取れる年金だけで生活は大丈夫なのか?
・どんな保険に入れば良いのか知りたい
・不動産の購入、売却、有効活用について
・相続、贈与について

等々、何でも相談可能です。
まずは初回の無料相談でご相談ください。

※事前の資料作成、シュミレーション作成を必要とする相談については有料となります。その際は事前にお知らせします。