住宅ローンの申し込みを住宅会社や不動産会社まかせで大丈夫ですか?

住宅会社や不動産会社は住宅ローンの審査を通して、住宅を買ってもらうことが第一の目標です。

あなたに一番合った有利な住宅ローンを選ぶことではないはずです。

過去の例からいえば、住宅会社や不動産会社は自社と提携している審査が通りやすい金融機関を紹介しているだけの場合もありました。

ちゃんとあなたに合った住宅ローンを選んでくれているか確かめることは必須です。

勧められた住宅ローンを何も知らずに借りていると、気づかないうちに数十万、数百万の損をしているかもしれません。

住宅や不動産の専門家=お金の専門家 ではありませんので、自分のお金は自分で守る意識が必要です。

またこのようなこともしっかり検討されているでしょうか?

住宅ローン重要ポイント

住宅ローン減税を最大限受けるための借り方は?

  • 借入金額
  • 金利タイプ
  • 誰が借りるのか

これらを数パターン、シュミレーションを行わないと最大限の住宅ローン減税を受けるための住宅ローンの借り方は分かりません。

これだけで数十万円の差が出ることもあります。

いつ繰り上げ返済したら良いのか?

繰り上げ返済を行えば、支払う金利が少なくなり、結果的に総返済額を減らすことができるのは確かです。

ただ「手元にまとまったお金があるから」という理由だけで繰り上げ返済をしてしまうと、後々「教育資金が足りない」「老後資金が足りない」といった状況になることもあります。

  • 子供の教育費が多くかかる時期にお金が足りなくなってしまう。
  • 車を買うときにお金が足りなくなって、高い金利でマイカーローンを組まなければならない。

このようなことが起こってしまわないように・・

ライフプラン全体を見通したうえで、他のお金の使い道に影響が少ない時期を見極める必要があります。

いつ・いくらの繰り上げ返済を行えば最も効果的なのか見極めます。

つなぎローンを含めた有利な支払い方法は?

つなぎローンとは、住宅ローンの融資前までに必要な資金を融資することです。

新築住宅の場合は、契約金・着工金・中間金・最終引き渡し金 など3~4回に分けてお金を支払うことが通常です。つなぎローン

「契約金を200万円支払った。数か月後に着工金を300万円支払う必要があるが自己資金がもうない・・」

このような状況はよくあることです。

着工金は住宅ローンで支払いたいところですがそれもできません。

なぜなら住宅ローン商品の多くは最終引き渡しの時にだけ融資が実行されるので、家の完成までに途中で支払うお金として使えないのです。

そこで、「住宅ローン」が実行されるまでの間、「つなぎローン」が必要になってくるわけです。

「つなぎローン」もお金を借りることですから金利がかかります。

新築住宅の場合、住宅ローン選びは「つなぎローン」も含めた検討が必要となります。

夫婦間贈与にならない住宅ローンの借り方、返済の方法は?

「結婚したらサイフは一緒だから、贈与なんて関係ないよ」

と思っていると落とし穴が・・

夫婦間でも贈与とみなされるケースはあります。

例えば、夫名義で借りた住宅ローンを妻の預貯金から繰り上げ返済した場合、妻から夫への贈与とみなされる場合もあります。

夫婦間の贈与とみなされ、余計な贈与税を支払うのを避けるために、住宅ローンを借りる前から、借り方と返済の方法を十分検討する必要があるのです。

金利だけで住宅ローンを選ぶと・・

住宅ローンをご検討の今、あなたはどのように住宅ローンを探しているでしょうか。

ネットなどの住宅ローン比較で金利が一番低い商品を選ぼうとしていませんか?

「金利が一番低い」だけで選ぶと間違える可能性は高くなります。

 重要ポイント 提示されている低い金利は何年続くのか?

 重要ポイント 住宅ローン手数料は金利に含まれている? それとも別?

 重要ポイント 団体信用生命保険の費用は?

 重要ポイント その他、医療保険などの付帯サービスの内容は?

これらの項目を総合的に判断しなければなりません。

例えば金利に手数料が含まれている商品と、手数料が別途かかる商品の比較では金利だけを見ていても正しい答えは出ません。

また、あなたに合っているのは

  • 変動金利なのか
  • 固定金利なのか

判断しなければなりません。

変動金利を選択するのであれば、金利の上昇にも耐えられる家計であるかのシュミレーションは必要です。

住宅ローン総合サポートの内容

当事務所でご提供する住宅ローンサポートには

  1. 家計に合った有利な住宅ローン商品選び
  2. 住宅ローン審査が通るまでの無料メール相談
  3. 住宅ローン減税を最大限受けるためのシュミレーション
  4. つなぎローンを含めた有利な支払い方法の検討
  5. 家計に悪影響のない住宅ローンの繰り上げ返済計画

の5つのサービスが含まれます。

住宅ローン総合サポートの効果

重要マーク 家計に無理のない住宅予算が分かるので、いくらまでの住宅ローンなら大丈夫なのか迷わなくなる。

重要マーク あなたの家計に合った住宅ローン商品を金利だけでなく、様々な視点から分析し選ぶことができる。

重要マーク 住宅ローンで困ったことがあれば、いつでもメールで相談ができるので心理的負担が軽くなる。

重要マーク 住宅ローン減税を最大限受ける方法が分かるので、節税効果を高めることができる。

重要マーク いつ・どのくらいの金額を繰り上げ返済すれば家計の負担が少なく、より効果的なのか分かる。

住宅ローン総合サポートの流れ

ご予約
下部よりネット予約いただくか、お電話ください。
初回面談:約60分 相談内容の聞き取り、サービス内容の説明
相談内容を詳しくお聞きし、サービス内容の説明をさせていただきます。 ご提案のサービス内容に納得がいかない場合、ここで終了しても無料です。
2回目面談:約60分 住宅ローン商品の説明、資料のお渡し
診断結果を元に住宅ローン商品を選び、ご説明をします。疑問点などがあればなんでも遠慮なくお聞きください。  資料は面談相談終了後にお渡しいたします。
相談終了後もメールで相談ができます。(ローン審査終了まで)

住宅ローン総合サポートの特典、料金

重要ポイント 特典1

初回無料相談でサービスの内容を確認できます。
そこで終了した場合でも料金はかかりません。

重要ポイント 特典2

住宅ローン審査が通るまで、質問事項にお答えします。(メール相談無制限)

重要ポイント 特典3

遠隔ミーティングシステム ZOOM による遠隔相談も可能です。

重要ポイント 特典4

当事務所から片道15㎞以内の方は、無料で訪問サービス可能です。(2回目の面談から)

料金:70,000円

※シュミレーション資料作成のみ(面談なし、匿名相談可)も同価格でお受けいたします。

お気軽にお問い合わせください。070-4170-7328受付時間 9:30-18:30 [ 水曜除く ]

メールはこちら 執筆などのご相談もお気軽にお問い合わせください。