フラット35はやめたほうが良いですか?と聞かれたら

フラット35のイメージ

相談者の方から「フラット35はやめたほうが良いって聞いたんですけど・・」

と質問をいただきました。

なぜ!? と思いながらよくよくお話を聞いてみると・・

数年前に住宅ローンを組んで家を建てたお友達から

「フラット35って金利が1.2%とかでしょ。やめなよ!」

「うちは変動金利0.5%で住宅ローン借りられてるからこっちのほうが良いよ!」

というアドバイスをされたそうです。

あなたならこのアドバイスはどう思いますか?

結論からいうと「すべての人にとって変動金利が良いとは限らない」ということです。

たしかに、今は低金利なので変動金利のほうが魅力的に思えますよね。

しかも、今はコロナウィルスの影響もあって経済が停滞しています。

今後も国の経済対策として、国内にお金をまわすための低金利政策はしばらく続くかもしれません。

コロナウィルスの影響で金利が上がる時期は後ろにずれた可能性もあります。

それでも、経済が回復してくれば金利が上がるときはいずれやってきます。

その時、金利が上がったとしても返済していけるのかはシュミレーションしておく必要があるでしょう。

  • 具体的に何%までの金利上昇なら耐えられるのか。
  • 金利が上がったら繰上返済できる余裕はあるのか。

このあたりは考えておく必要があります。

ここまでシュミレーションしたうえで、変動金利を選ぶことは間違った選択ではないと思います。

ただ、「今の金利が低いから」と理由だけで変動金利を選ぶと将来後悔する可能性もあります。

変動金利の金利が低いのは、借りる方が金利上昇のリスクを負担しているからということを知っておきましょう。

フラット35を選べば、金利の上昇を気にする必要はありません。

これは住宅ローンを貸す側の金融機関が金利上昇のリスクを負っているからです。

フラット35の金利が変動金利と比べて高いのは、「金利上昇の影響を受けないための安心料」を支払っているからともいえます。

じゃあ「すべての人にとってフラット35のほうが良いの?」という疑問がわくかもしれませんが、そういうことでもありません。

最初にご紹介したように、金利が上昇した場合のシュミレーションをしっかり行ったうえで変動金利を選ぶのも合理的な選択です。

結局のところ、現時点では

「変動金利のほうがトクできる」

「フラット35のほうがトクできる」

と断言はできません。(断言できるのは逆にアヤシイ・・)

どちらの選択がトクだったのかは返済が終わってみないと分からないことです。

今後の経済の動きをみながら、より自分にとってリスクが少ないと思われるほうを選ぶのが正解です。

変動金利とフラット35の商品を並べて、頭を悩ませてもなかなか結論はでません。

なぜなら変動金利とフラット35は、コンセプトが全く違うので同じ土俵で比較できないのです。

まず、変動金利かフラット35かを決めて、それから住宅ローンの商品選びに全力を注ぎましょう。

  • 変動金利なら同じ変動金利の商品と比較。
  • フラット35なら同じフラット35の商品と比較。

これなら同じ条件で比較がしやすいですよね。

商品の比較は現時点での情報でしっかりとできますので、こちらに力を注いでよりお得な商品を選びたいところです。

住宅ローン安心診断

”住宅ローンの組み方、住宅の買い方を変えるだけで数百万円の差が出ることも少なくありません。”

住宅ローンを組んでも家計は大丈夫なのか不安な時・・
・どのぐらいの金額の住宅ローンなら組んでも大丈夫?
・子供の教育費は大丈夫?
・自己資金はどのくらい用意するべき?

無理のない住宅ローンはいくらなのか分かると同時に家計の見直しもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA