医療費1,000万円かかったらどうする? (高額療養費制度)

医療費が月1千万円かかったら自己負担はいくらでしょうか?

 

あまり、考えたくありませんが最悪の事態も考えてみましょう。

 

この1千万円は公的保険が適用される医療費です。

 

ですから、保険が適用されれば自己負担額はもっと少なくなります。

 

現役世代の自己負担割合は3割ですから、原則通りだと月300万円の負担になりますが・・

 

これでもかなり重い負担です。

 

そこでさらに助けになるのが「高額療養費制度」です。

 

高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が、ひと月で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。

高額療養費制度

※厚生労働省ホームページより

※この表は69歳以下の場合ですので、70歳以上の方は別表となります。

 

医療費、ひと月の上限額は上記の表で計算されます。

医療費がひと月1,000万円 かかったとすると、自己負担の上限はいくらになるでしょう?

 

 

区分 イ (年収約770~年収約1,160万円の場合)

 

167,400円+(1,000万円-558,000円)×1%

=344,180円

 

 

区分 ウ (年収約370~年収約770万円の場合)

 

80,100円+(1,000万円-267,000円)×1%

=177,430円

 

区分 エ (~年収約370の場合)

 

57,600円

 

ひと月で1,000万円の医療費がかかってしまうと、家計にも大打撃ですが、

高額療養費制度によって、ひと月の医療費がかなり減額されることが分かります。

 

まとめ

高額の医療費がかかった時に、助けになるのは高額療養費制度だけではありません。

会社員や公務員の方はご自分の勤務先の医療費の支給制度がないかどうかを確認しましょう。

勤務先の医療費支給制度もかなり充実している場合があります。

 

高額の医療費がかかった場合に、助けになるのは民間の医療保険だけだと思っている方も多いですが、民間の保険よりも充実した公的制度があることを知っておきましょう。

すべてを民間の医療保険だけで備えようと思うと、保険料もどんどん膨らんでしまいます。

公的制度を十分に調べ、足りない部分だけを民間の医療保険で補いましょう。

そうすれば、万が一にも備えられ、かつ保険料も抑えられます。

 

こちらの記事も参考にしてください。

医療保険はいざという時に役に立つの?

初回60分無料相談(予約制)

・お金の貯め方、増やし方など資産運用について
・将来受け取れる年金だけで生活は大丈夫なのか?
・どんな保険に入れば良いのか知りたい
・不動産の購入、売却、有効活用について
・相続、贈与について

等々、何でも相談可能です。
まずは初回の無料相談でご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA