住宅ローンを返済しながら資産を増やすことは可能?

住宅ローンを借りようとしている今、何が心配ですか?

多くの人心配なことのひとつに、「住宅ローンを返済しながら資産を増やすことができるか」ということがあると思います。

住宅ローンの返済で手一杯になってしまうと、教育資金や老後資金を貯める余裕も無くなってしまうのでは・・と心配されている人は実際に多いです。

ちょっと興味深いデータがありますので見てみましょう。

実際に住宅ローンを返済中の方は、年間どれだけの資産を増やすことができているのかアンケートに答えた結果があります。

回答数785人      

差し引き0 10.0%
1万円以上~50万円未満 39.9%
50万円以上100万円未満 26.3%
100万円以上~200万円未満 14.4%
200万円以上~300万円未満 4.8%
300万円以上~500万円未満 2.5%
500万円以上~1000万円未満 1.0%
1000万円以上 1.0%
合計 100%

資料:三井住友トラスト・資産のミライ研究所「住まいと資産形成に関する意識調査2020」

住宅ローンを返済中の人の50%は年間50万円未満の資産増加というのは少し重い現実です。

しかも、資産がまったく増えていない人も10%いるという結果。

例えば30歳で家を買って住宅ローンを組むとします。

30歳から住宅ローンを返済しながらも、年間50万円づつ資産を増やしていくと、ざっくり65歳で1,750万円の資産が積みあがる計算になります。

年間50万円 × 35年 =1,750万円

老後の資金だけであればなんとかやっていけそうですね。

当然ですが、資産形成を早く開始すればするほど積立額は多くなります。

なるべく早くから資産形成を行うことが重要なのことが分かります。

次に、住宅ローンを返済中の人と返済中ではない人を比較すると、資産の増え方はどうなっているのかを比較したデータを見てみます。

住宅ローンの保有状況別に見た家計の年間資産形成

平均金額(万円)

総合計 4,026人 99.2
持ち家/住宅ローンあり 785人 91.3
持ち家/住宅ローン返済済み 648人 137.2
持ち家/住宅ローンなし 554人 126.8
借家・同居/住宅ローンなし 2039人 78.4

資料:三井住友トラスト・資産のミライ研究所「住まいと資産形成に関する意識調査2020」

表の見方ですが、「持ち家/住宅ローンあり の人は平均で年間91.3万円の資産を増やすことができている。」と読み取れます。

(補足ですが、資産を増やす方法は貯蓄だけでなく、国債・株式・投資信託・生命保険などの資産運用も含みます。)

やはり、持ち家/住宅ローン返済済み や 持ち家/住宅ローンなし の人に比べると、資産の増加額は少なくなっていますね。

それでも、住宅ローンを返済中の人の8割は何かしら、資産を増やすための取り組みを行っているという結果も出ています。

住宅ローンを返済中は、資産を増やすことまで手が回らないというわけではないという結果が出ています。

住宅ローンを返済中の人も、色々工夫して資産形成を行っている姿が見えてきます。

資産形成のアンケートから見えてきたこと

  • 住宅ローン返済中の人の中で8割ぐらいの人が資産形成を行っている。
  • 住宅ローン返済中の人の50%は年間50万円未満の資産増加にとどまっている。

限られた人数からなるアンケート結果ですので、日本全体の状況を表しているとまでは言えないかもしれませんが、一定の傾向は表していると思います。

住宅ローンを返済しながら資産を増やしていくのは、簡単なことではありません。

でも不可能なことではありません。

方法を知っているか・知らないか。

早く行動するか・行動しないか。

これが分かれ道です。

まずは今の家計状況を正確に知ることから始めましょう。

今を知らないと、将来の計画も立ちません。

今を知れば、無理なく資産が増えていく仕組みを作っていくことは可能です。

住宅ローン安心診断

住宅ローのイメージ
”住宅ローンの組み方、住宅の買い方を変えるだけで数百万円の差が出ることも少なくありません。”

住宅ローンを組んでも家計は大丈夫なのか不安な時・・
・どのぐらいの金額の住宅ローンなら組んでも大丈夫?
・子供の教育費は大丈夫?
・自己資金はどのくらい用意するべき?

無理のない住宅ローンはいくらなのか分かると同時に家計の見直しもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA